head_img_slim
メールボタン
お問い合わせボタン
O脚TOP >X脚矯正のページ > X脚記事一覧> X脚は整体や整骨院で改善されるのか?

X脚は整体や整骨院で改善されるのか?

整体や整骨院は身体を診るプロです。では、X脚も改善してもらえるのか?

正しく理解してX脚で通院する施術所を選びましょう^^

当院の実績

実際にはほとんどの整体・整骨院がX脚を治せない

「X脚を治したい!」と思い立った時大抵3つの選択肢を考えます。
1. 治し方を調べて自力で治す
2. パーソナルトレーナーに相談して治す
3. 整体や整骨院に通院して治す

「病院・整形外科」という選択肢もありますが、当院に来られた方の中で痛みを伴わないX脚の方が実際に病院でX脚の診察を受けたことがあると伺ったのは今まで1件しかありません。(7歳の子供)

自力で治そうにもX脚矯正の情報の少なさから、ほとんどの方が3番目の整体・整骨院で治すことを考えると思われます。私もそれが最適と思います。ですが、腰痛や肩こりのようにどこの施術所でも良いか?と問われると、ほとんどの施術所がX脚にはお手上げです。

矛盾していますが、正確にはX脚には整体が最適であるが、実際治せる整体はほとんどないということです。

X脚自体が少ないから、治療家もX脚をほとんど見たことがない

X脚で悩んでいる方はすごく多いですが、O脚の多さはその比ではありません。そしてX脚を腰痛といった「症状」のカテゴリーに入れるのであれば日本人口の悩んでいる症状別ランキングの最下層に位置するのがX脚です。

1位・・・腰痛
2位・・・肩こり
3位・・・頭痛

圏外・・・X脚

というより、そもそもX脚人口が圧倒的に少ないのです。

あなたも自分意外にX脚を見たことがありますか?

おそらくほとんど見たことがないと思います。同じで整体・整骨院にいる施術者もほぼX脚を見る機会がないのです。せいぜい来院する200~300人の内X脚が1人いるかいないか程度でしょう(推測です)

その内実際にX脚の相談をしたりX脚矯正のお願いする方はほぼいません。痛みを伴っていなかったり、X脚が治るとそもそも思っていないからです。

事実、私も整骨院や病院リハビリで勤めていた時に「あ、この人X脚だ」と気付くことはあっても当人からX脚の相談をされたことすらありませんでした。

つまりほとんどの整体・整骨院の先生ですら
・X脚を多く見たことがない
・治し方を知らない
・X脚について研究したことがない
・治ると思っていない
・興味がない
・改善実績も当然ない

これが現状です。

X脚を改善したことがあるのか?実績はあるのか?が鍵

当院にはX脚の新患さんが月に最高18人いらっしゃったことがあります。

この数字少なく感じますか?

施術所で働く方ならわかりますが、X脚だけで新規の方が月18人来られるのは多いというより異常です。「間違いなく日本で一番X脚を見ている」と、知り合いの先生からも言われます。(確証はありませんが、、)

当院の特徴は
・X脚を多く見ている
・治し方を知っている
・X脚について研究している
・治ることを知っている
・興味しかない
・改善実績がある

X脚をこれから治そうとお考えの方は、当院でなかったとしても上記基準を見極め整体・整骨院に行かれることをオススメします^^

この記事を書いた人

全 晟基 著者 全 晟基
 (ちょん そんぎ)

 O脚X脚矯正専門
 整体院そるん 院長
 柔道整復師・鍼灸師

大阪で唯一O脚・X脚・膝下O脚など全ての脚の歪みに対応できる施術家。公開する改善実績は全国最多の400件以上で大阪のみならず関西全域から脚の形でお困りの方が来院。

他のX脚記事一覧⇒

 

line

他に見たいページをCLICK!

タイプ別ビフォーアフターページ
O脚  X脚  XO/膝下   男性O脚

 

お問い合わせボタン


 

アクセス

代表者名 全 晟基
住所 〒563-0031
大阪府池田市天神1丁目-6-4 カサロッサビル1F
電話番号 072-702-3553
施術内容 O脚矯正、X脚矯正、膝下矯正
営業時間 10:00~20:30(20:30開始OK)
定休日 不定休(詳しくはLINEから「営業日」「予約状況のご案内」がご覧になれます)

阪急宝塚線 石橋阪大前駅 西口より徒歩4分!(出口をお間違えの無いようお願い致します。)石橋阪大前駅からの詳しい道のりはコチラ

石橋阪大前駅は阪急梅田より15分!特急も停車する大変便利な駅です!遠方からも多くの方にお越しいただいており、通いやすいと評判です^^

お車でお越しの方は近隣コインパーキング一覧をご覧ください。

地図


 

ご予約・問い合わせは今スグこちら!

電話番号 072-702-3553

お問い合わせボタン


ページトップに戻る